慰謝料請求

慰謝料請求について

慰謝料には様々な慰謝料がありますが,最も身近なものは不貞慰謝料ではないでしょうか。
配偶者が不貞をしていた場合,配偶者又は配偶者の不貞相手に対して,慰謝料請求をすることが可能です。
当事務所の弁護士は,慰謝料請求事件に関する豊富な実績があります。

慰謝料を請求するには

配偶者が不貞をしている疑いがあるとき,どのような行動を取るべきでしょうか。不貞慰謝料の請求をするには,不貞の事実を証明しなければなりません。
配偶者が不貞をしていることがはっきりと分かる証拠がない場合であっても,どのようにして証拠を収集すべきかについてアドバイスを行っています。
不貞の証拠がある程度集まっている場合は,速やかに慰謝料請求を行うことが重要です。
慰謝料請求は,まずは相手方に対して内容証明郵便を送付して交渉を行うことから始まります。
交渉をせずに訴訟提起することもできますが,訴訟での解決には時間がかかることが予想されますから,最初は交渉で解決できないかを模索することが通常です。
交渉で慰謝料を回収することができれば,最もコストパフォーマンスが良いといえるでしょう。また,交渉で解決する場合には,最後に作成する合意書で,口外禁止条項のみならず配偶者への接近禁止条項を設けるなど,柔軟な解決が可能です。
しかしながら,交渉ではどうしても満足のいく金額を回収できないことがあります。
そういった場合には,最終手段として訴訟提起を行います。訴訟に至った場合,慰謝料額のみ争っている場合は,多くのケースでは早期に和解で終結することができますが,不貞の事実を争っているようなケースでは裁判が長引きます。
訴訟で勝訴判決を得たとしても,相手方に支払うお金がない場合には,判決は絵に描いた餅になってしまいます。せっかく裁判で勝ったのに,慰謝料がもらえないという事態になってしまいます。
慰謝料の回収についても,ベストな方法をご提案します。

慰謝料を請求されてしまったら

慰謝料の請求をする側とされる側は,表裏の関係にあります。
当事務所の弁護士は,どちらの立場の事件も数多く取り扱ってきました。
慰謝料請求をされてしまった場合にはどのように争うべきか,どこまで減額できるか,どのような戦略を立てていけば被害を最小限に抑えられるかなどについて,的確にアドバイスが可能です。
慰謝料の減額をするには,裁判で認容されている慰謝料額について把握し,適切な解決金額を模索する必要があります。
また,不貞をしていないのに慰謝料請求をされてしまったという場合には,徹底的に争っていかなければなりません。
裁判では,証拠に基づいて判決がなされます。不貞などしていなかったとしても,訴訟対応が不適切だと,証拠から不貞の事実が推認できると言われてしまうこともあり得ます。
慰謝料の請求を受けてしまったら,すぐにご相談下さい。