慰謝料請求Q&A

不貞慰謝料請求事件は数多く取り扱っています。請求する側も,請求されている側も,どちらの立場でも経済的利益を最大化します。
不貞慰謝料請求は,証拠が重要です。また,実際に慰謝料を回収できるかについても,注意しなければなりません。
不貞慰謝料請求には,考慮すべき点が多々あります。解決実績が豊富にありますので,不貞慰謝料請求の弁護はお任せ下さい。

慰謝料請求事件は,豊島区・池袋の弁護士,柳澤総合法律事務所にお任せ下さい。

よくある質問と回答 Q&A


Q. 不貞慰謝料の請求のためにどのような準備をすべきですか?

A. 不貞慰謝料請求では,証拠が重要です。不貞は,配偶者が他の人と肉体関係を持つことをいいます。不貞があったことを立証するための証拠は様々です。
どのような証拠があるか,どのようにして収集すべきかについては,ご相談時にアドバイスいたします。

Q. 配偶者の不貞相手に慰謝料支払いの合意書を書いてもらいましたが,支払いがなされません。どうしたら払ってもらえますか?

A. 合意書が作成されている場合は,契約上の債務の履行請求となります。支払いについて相手方と交渉し,それでも支払わない場合には訴訟提起します。
相手方の支払能力の関係で,判決を取得しても絵に描いた餅になることもあり得ます。
可能な限り最大限の慰謝料を回収するという観点からも検討が必要な場合があります。
相手方が任意に支払わない場合には,判決に基づいて強制執行を行います。当事務所では,積極的に強制執行を行っています。

Q. 一緒に食事をしただけで不貞をしていないのに,不貞慰謝料を請求されてしまいました。どのように対応すべきでしょうか。

A. 不貞行為がなかったのであれば,不貞慰謝料を支払う必要は当然ありません。
しかし,裁判では,不貞をしたことの直接的な証拠がなかったとしても,不貞があったと事実認定されてしまうこともあります。
きちんと弁解すべきですし,訴訟になってしまった場合には,適切に訴訟活動を展開する必要があります。
慰謝料請求をされてしまった場合には,迂闊な交渉をしてしまうと不利になる可能性があります。
すぐに弁護士に依頼すべきです。
なお,不貞行為がなかったとしても,既婚者の人と懇意にしていたような場合には,相手方の夫婦の婚姻関係の平穏を害したとして,慰謝料が認められる例もあります。ただし,この場合の慰謝料額は,不貞の事実が認められる場合よりも低額です。

Q. 不貞をした事実に争いはないのですが,請求されている慰謝料額が高額で払えません。どうしたらいいでしょうか?

A. 慰謝料の減額交渉をします。分割払いの交渉なども考えらられます。
慰謝料請求事件は,これまでに数多くの裁判例が存在するため,ある程度の相場が形成されています。
個別の事情を考慮して,その事件で認められるであろう慰謝料額を検討し,減額の交渉をします。
高額な慰謝料を請求されたとしても,多くの場合は減額ができますので,支払う合意をしないように注意して下さい。

Q. 慰謝料請求をしたい,又は,慰謝料請求をされてしまった場合,どのようにして弁護士に依頼ができますか?

A. まずは,電話又はメールでお問い合わせ下さい。当事務所の弁護士からご連絡いたします。
ご連絡の中で,来所の予約をお取りいたします。事前に事件の概要をお伺いした上で,来所して頂きます。
すぐに来所して打ち合わせをすることが困難な場合には,委任契約書等を郵送いたします。
当事務所との間で委任契約の取り交わしが完了し,着手金をお支払い頂きましたら,事件に着手して処理を進め,最善の解決のための全力を尽くします。
こちらのページもご参照下さい。→ご依頼の流れ

Q. 弁護士費用を教えて下さい。

A.
◆慰謝料請求をする場合
 着手金  20万円
 成功報酬 経済的利益の16%

◆慰謝料請求をされていて,減額を希望する場合
 着手金  20万円
 成功報酬 減額した金額の16%
※減額した金額よりも弁護士費用の総額が上回る場合には,減額分を超過した部分の弁護士費用は頂きません。要するに,損をしないようになっています。

当事務所へのお問い合わせ

メールでのお問い合わせにつきましては,こちらからお願いします。
メールで問い合わせる
電話でのお問い合わせは,こちらです。裁判等の外出で電話に出ることができない場合がありますので,その際は弁護士から折り返しいたします。
→電話で問い合わせる:03-6709-3638

【当事務所のご案内】
豊島区・池袋の弁護士 柳澤総合法律事務所
〒170-0013 東京都豊島区東池袋三丁目21-18 第一笠原ビル203
弁護士 柳澤圭一郎(第二東京弁護士会所属)